井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る

井の中の蛙大海を知らず


[スポンサードリンク]

井の中の蛙大海を知らずと言う言葉をご存知でしょうか?

なんとも画像が可愛らしいですが、真面目に、蛙について書きます。

今回は、「井の中の蛙、大海を知らず」には続きがあるということをお伝えします。

井の中の蛙大海を知らずとは

井の中の蛙大海を知らず

【読み】 いのなかのかわずたいかいをしらず
【意味】 井の中の蛙大海を知らずとは、知識、見聞が狭いことのたとえ。また、それにとらわれて広い世界があることに気づかず、得意になっている人のこと。

参照リンク:故事ことわざ辞典

一般的には、「お前は、ほんと何も知らないんだな。井の中の蛙だなぁ」などと、狭い世界で生きている人に使われる、人をあざ笑う言葉として使われています。

しかし、その言葉には、続きがあったのです。

井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る

この言葉には、「されど空の青さを知る」という続きがあったのです。ご存知でしたか?

想像してみてください。

あなたは井戸から出られない、狭い世界で生きるカエルです。

毎日、井戸でやることといえば、空を見ることぐらい。

しかし、毎日毎日、空を見ることで、誰よりも「空が青い」ということを知るのです。

井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知るの解説

どのような意味かと言いますと、例え広い世界を知らなくても、1つのことに没頭することで、誰よりもその道を極めることができるという事の例えです。

一つのことを極めるというのは、すごく大変なことです。

毎日毎日、継続しなければなりません。

隣の芝生は青く見えますよね?
いい話が来たら、ついついよそ見してしまいがちです。

1つのことを継続するのは、想像より難しいんです。

あなたがもし、自身を井の中の蛙だと感じ、それを嫌だと思っているのであれば、少し見方を変えて見てはいかがでしょうか?

井の中の蛙でも、蛙なりにその道を極めてはどうでしょう?

継続は力なり

井の中の蛙の如く、「継続」したことで、偉業を成し遂げた二人の名言を紹介したいと思います。

イチローは、誰もが認める野球界のスーパースターです。

そのイチローの名言にこんな言葉があります。

夢を掴むことというのは一気には出来ません。

小さなことを積み重ねることで

いつの日か信じられないような力を

出せるようになっていきます。

史上初の称号、永世七冠を獲得した、羽生善治の名言にはこんな言葉があります。

才能とは、情熱、努力を継続できる力だ

両名どちらも、日本の歴史に残る偉業を成し遂げた二人です。

この二人が、どちらも同じことをいっているのです。

「継続が大事だ」と。

二人とも、スランプは絶対あったでしょうし、悩んだこともあるでしょう。

あなたと同じで、辛くて、やめたくなったことがあるはずです。

しかし、その「誰もがやめてしまう地点」でやめずに極めたからこそ、偉業を成し遂げることができたのです。

偉業を成し遂げろとは言いませんが、あなたも井の中の蛙の如く、一つの事をひたすら結果が出るまでやり続け、極めてみてはいかがでしょうか?

隣の芝生を見て、どうしようか悩んでいるより、実はよっぽど「成功」する確率が高まるでしょう。

継続は力なりです。




[スポンサードリンク]



[スポンサードリンク]



井の中の蛙大海を知らず

為になる話、考え方が変わるような話、モチベーションが上がる話など、あなたにとって役立つ情報を配信しています!

LINE@にて最新情報をお届けしています。
起業家や成功者の生の体験談など、巷では耳にしないような情報も配信していますので、
是非ご登録の上、楽しみに配信をお待ち下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代、元エンジニア。

副業を始め、約3ヶ月にして100万を稼ぐことに成功し、脱サラをするも、ノウハウやツールに頼っていた結果、収入は0に。

路頭に迷っていた時、とある人との出会いをきっかけに本質的な力の必要性に気付かされる。

その後、様々な起業家との出会いから目標達成の為の思考、行動とは何なのかという本質的な部分を理解する。

現在は、それらを体系的に纏めたAll-Inというメディアで編集長として執筆活動を行っている。