伝え方の大切さ。「NO」を「YES」に変える3つのステップ!

伝え方


[スポンサードリンク]

 

伝え方一つで、相手の返答は変わる

伝え方一つで、受けとる側の印象ってガラリと変わりますよね!

同僚、恋人、家族・・・ちょっとした伝え方と受け取り方のズレから、ほころびが生まれちゃったりします。

うまく気持ちを伝えられない・・・って方も多いんじゃないでしょうか?
受けとる側の汲み取る力があれば伝わりますが、みんながみんなそうじゃないですよね!

あなたは、伝え方が上手ですか?

今回は、コミュニケーションを円滑にするための伝え方、相手にYESを言わせる方法をお伝えします。

「あそこでこう言ってれば、納得してくれたのに!」なんてことがないように是非ともこの方法を実践してみてください!

 

自分の考えをそのまま言葉にしない

例えば、あなたはどうしてもデートしたい相手がいます。

相手はとても忙しくて、あなたとデートすることににあまり興味がありません。

こんな時に「デートしようよ!」と言っても、当然相手は忙しいし、あなたとデートしているくらいなら、休みたい、自分の時間にあてたい。なんて思うでしょう。

これは、あなたの考えをそのままストレートにぶつけていますね。

これでは、あなたに大して興味がない相手は、デートの誘いに乗ってくれません。

ではあなたは相手のことをどうしたらデートに誘えるでしょうか?

相手の思っていることを想像する

まずは相手のことを知るべきです。

例えば、相手はこんな感じだとします。

  • イタリアンが好き
  • 新しいもの好き
  • 遠出は嫌い
  • 仕事で忙しい

この程度の情報なら簡単に知ることが出来るでしょう。

では、これらの情報を基にデートに誘う方法を考えてみましょう。

あなた:デートがしたい

相手:新しいイタリアンが近場にあったら行ってみたい

相手の情報から、このような相手の気持ちを想像することができるのではないでしょうか?

相手のメリットと自分の達成したい願いを一致させる

 

誘い方を次のように変えてみます。

「近場で新しいイタリアンを見つけたんだけど、すごくオシャレで素敵な店なんだよね!今度行こうよ!」

どうでしょうか?

相手に対して、しっかりとメリットを提示できていますよね。

しかも、相手のことを考えているからこそ、相手の好みに合わせたピンポイントな攻め方が出来るわけです。

これなら相手もデートの誘いを断り辛くなるでしょう。YESと言ってくれる確率が大幅に上がります。

結果的に、相手はメリットを享受し、あなたの願望も叶えることができます。

まさにWIN-WINの関係を成り立たせる訳ですね。
WIN-WINと言うと難しく考えがちですが、こんな小さなことから始めていいのです。

仕事でも、何にでも簡単に応用できますね!

相手の答えは自分の中にはない

相手にYESと言わせるためには、自分に問うのではなく相手に聞くのが一番なのです。

もちろん、直接聞くのではなく、相手のことを想像し、相手の立場で物事を考えることで、このように「イエス」を引き出すことが可能になります。

常に、答えは相手の中にあるのです。

まとめ

  • 自分の考えをそのまま言葉にしない。
  • 相手の思っていることを想像する。
  • 相手のメリットと、自分の願いが一致する様な頼み方をする。

ぜひ、今日から実践してみて下さい^^
仕事、恋愛、友人など全てうまくいくことでしょう!

 




[スポンサードリンク]



[スポンサードリンク]



伝え方

為になる話、考え方が変わるような話、モチベーションが上がる話など、あなたにとって役立つ情報を配信しています!

LINE@にて最新情報をお届けしています。
起業家や成功者の生の体験談など、巷では耳にしないような情報も配信していますので、
是非ご登録の上、楽しみに配信をお待ち下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代、元エンジニア。

副業を始め、約3ヶ月にして100万を稼ぐことに成功し、脱サラをするも、ノウハウやツールに頼っていた結果、収入は0に。

路頭に迷っていた時、とある人との出会いをきっかけに本質的な力の必要性に気付かされる。

その後、様々な起業家との出会いから目標達成の為の思考、行動とは何なのかという本質的な部分を理解する。

現在は、それらを体系的に纏めたAll-Inというメディアで編集長として執筆活動を行っている。