努力だけでは結果は出ない!必要なエッセンスとは!

努力


[スポンサードリンク]

努力 すれば結果は出るのか?

「努力は身を結ぶ」と言いますよね?

おそらくみなさん努力はしているものと思います。

しかし、努力しても結果が出ないこともあります。

正しい努力の仕方していますか?

「100%の力で頑張る!」と言いますが、成功している人たちからすれば、そんなのは当たり前すぎることなのです。

努力 を結果に結びつける重要なエッセンス

スピード感

ビジネスを行うにあたり、スピード感を持ってやることはとても大切です。

時間というのは皆平等で、1日24時間しかありません。その中で、結果を出すには、無駄なものを切り捨てなければなかなか結果は出ないものです。

例えば、あなたは朝、寝坊しました。出勤まであと30分。

通勤には25分かかります。

つまり、5分間で準備をして家を出なければなりません。

本来あなたがやりたいことは、たくさんあります。

  • トイレに行く
  • 顔を洗う
  • 歯みがきをする
  • 着替えをする
  • 髪を整える
  • 朝ごはんを食べる
  • 新聞を読む
  • コーヒーを飲む
  • 朝の番組を見る
  • SNSをチェックする

しかし、5分間で、準備して家を出なければという状況であれば、トイレに行って最低限、身なりを整えるぐらいしかできませんよね。

このように時間的な制約があると、人は必要最低限のことをやります。

(「そもそも遅刻すればいいじゃん!」という考え方の人は絶対結果出ないようなタイプの人なので、考えを改めましょう。笑)

ビジネスも一緒で、最初から100点出なければならない訳ではありません。

最終的に100点であればいいのです。

限られた時間の中で、スピード感を持って取り組むことが、結果に結びつくということです。

工夫

努力を結果に結びつける上でもう一つ大事なエッセンスが「工夫」です。

工夫をせずに、ただひたすら頑張っているような人は、作業をしているだけなのです。

工場で流れ作業をやっているのと対して変わりません。

それでは、一定ラインの結果は出たとしても、人一倍すごい結果というのは出ません。

例えば、現時点で2時間かかっている作業をどうしたら1時間に短縮できるか?

など考えることが必要です。常により良い状況を作るような思考でいましょう。

努力=手を動かすことではないのです。

手を動かすのは当たり前のことであり、結果を求めるのであれば、もっと高いレベルで努力しなければいけないのです。

考えるということはトイレでも出来ますし、お風呂でも出来ます。

それでも結果が出ないときは・・・

その場合は、根本的にやり方が間違っている可能性があります。

もし間違っているのであれば、誰かに相談しましょう。

それでもダメなら諦めるという潔さも時には必要です。

諦めるという表現があまり良くないですが、「やめる決断」をして別な方法をとるというのが正解です。

成功者というのは撤退も早いのです。勇気ある撤退も時には必要なのです。

感情的になって、やり続けるのはよくないので、自分を客観視しましょう。

どうしてもダメなら撤退し、別な方法で結果を出す。

成功者はその繰り返しでどんどん成功を積み上げていくのです。

まとめ

努力して結果が欲しいなら・・・

  • スピード感を持って取り組む。
  • 取り組む上で、常に状況の改善を視野に入れながら工夫し、取り組む。
  • 100%の力で取り組むというのは手を動かすことではない。手を動かすのは当たり前。
  • 時には、勇気ある撤退をすることも必要。

楽して結果を得ることは出来ないと思って取り組んだ方がいいでしょう。

どうせ何かやるなら、この内容をしっかりと意識し、結果に結びつけましょう!




[スポンサードリンク]



[スポンサードリンク]



努力

為になる話、考え方が変わるような話、モチベーションが上がる話など、あなたにとって役立つ情報を配信しています!

LINE@にて最新情報をお届けしています。
起業家や成功者の生の体験談など、巷では耳にしないような情報も配信していますので、
是非ご登録の上、楽しみに配信をお待ち下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代、元エンジニア。

副業を始め、約3ヶ月にして100万を稼ぐことに成功し、脱サラをするも、ノウハウやツールに頼っていた結果、収入は0に。

路頭に迷っていた時、とある人との出会いをきっかけに本質的な力の必要性に気付かされる。

その後、様々な起業家との出会いから目標達成の為の思考、行動とは何なのかという本質的な部分を理解する。

現在は、それらを体系的に纏めたAll-Inというメディアで編集長として執筆活動を行っている。