成功したいなら馬鹿になれ!

馬鹿


[スポンサードリンク]

世の中のには数々の成功者がいます。

その成功者たちが口を揃えて言うことが、「失敗を恐れず、挑戦しろ」という言葉です。

つまり、どんなにリスクのあるビジネスでも、失敗続きでも、挑戦し続けること。

これはある意味、馬鹿というのかもしれません。

しかし、馬鹿になってよいのです。

馬鹿と無計画の違い

先ほど成功するには馬鹿になれと言いましたが、馬鹿と似ているものがあります。

それは、無計画です。

それでは、「馬鹿」と「無計画」の違いとは何でしょう。

馬鹿
  • 失敗から学ぶ
  • 努力や計画が伴っている
無計画
  • 失敗から学ばない
  • 努力または計画がない

見ての通り「馬鹿」「無計画」とは全く違います。

「無計画」というのは、勝機のない試合を何回もやっているのと同じです。

ビジネスの成功率を上げるには、努力と計画です。

そして、さらに、失敗からの改善が成功へとグッと近づけてくれるのです。

ビジネスでも、「馬鹿」になればある程度は成功できます。

しかし「無計画」では成功できません。

これは、ビジネスをやっている最中に随時確認しなければならないことです。

馬鹿を続けるコツ

「馬鹿」を続けるのは非常に難しそうなことです。

まず、ビジネスにはお金や時間を費やす必要があります。

場合によっては数千万円の赤字だってあり得るわけです。

損失が出た時、周囲からの批判が必ず起こるでしょう。

「お前には無理」「やめといたほうが良いよ」「現実見ろよ」などと言ったものです。

耳の痛い言葉ですよね。

失敗をすると経済的・精神的に痛い思いをしなければなりません。

成功するまでそれは続きます。

しかし、成功してしまえば、それは180度変わります。

莫大なお金を手に入れ、周囲からの評価もかなり変わります。

これは間違いありません。

終わりよければ全て良しの考え方なのです。

では、成功のカギとなる「馬鹿」の続けるコツですが、それはズバリ2つあります。

「成功しか見ない」「同じ目標を持った人と付き合うようにする」というものです。

人間はポジティブなことを考えると、精神的に落ち着きます。

そしてポジティブは成功を呼び寄せます。

これは事実です。

人間はどんな動作でも、必ずイメージがないと、することができません。

とにかく、成功することだけを意識してみましょう。

成功をイメージしなければ、成功を手にすることは絶対にできません。

おわりに

今回お伝えした内容は、成功するには「馬鹿」にならなければならないということです。

「馬鹿」「無計画」は違うと理解し行動することも必要です。

そして、成功を信じることが大切だという事です。

そして、ポジティブになることによって、成功を引き寄せやすい体質になるのです。

一人で「馬鹿」を続けることは困難ですので、同じ目標をもった人を見つけることも大切だといえるでしょう。




[スポンサードリンク]



[スポンサードリンク]



馬鹿

為になる話、考え方が変わるような話、モチベーションが上がる話など、あなたにとって役立つ情報を配信しています!

LINE@にて最新情報をお届けしています。
起業家や成功者の生の体験談など、巷では耳にしないような情報も配信していますので、
是非ご登録の上、楽しみに配信をお待ち下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代、元エンジニア。

副業を始め、約3ヶ月にして100万を稼ぐことに成功し、脱サラをするも、ノウハウやツールに頼っていた結果、収入は0に。

路頭に迷っていた時、とある人との出会いをきっかけに本質的な力の必要性に気付かされる。

その後、様々な起業家との出会いから目標達成の為の思考、行動とは何なのかという本質的な部分を理解する。

現在は、それらを体系的に纏めたAll-Inというメディアで編集長として執筆活動を行っている。