決意を新たに!は意味がない!?

決意を新たに


[スポンサードリンク]

新年にやりがちな「決意を新たに」すること

「今年は仕事を頑張るぞ!」

「今年はダイエットをするぞ!」

というふうに、決意を新たにすることって新年開始早々によくありますよね。

実はこれ、全然意味がない事なのです!

毎年、決意を新たにしている方。ぜひこれを読んで、方法を改めて下さい!

まずは、昨年の振り返りをする

まず、決意を新たにする前に、昨年の年始にした決意はなんだったでしょうか?

「ダイエット」を目標に掲げた方であれば、ダイエットできましたか?

「年収アップさせる」と決意した人は、年収が上がりましたか?

達成できたにしろ、出来なかったにしろ、まずは振り返って下さい。

そして、なぜその結果になったのか考えて下さい!

ダイエットに成功した人であれば、なぜ出来たのでしょうか?

いつからいつまで、どの程度運動したからダイエットが成功したなど、結果が生まれるに当たり、当然理由や過程があるはずです。

それをしっかり考えた上で、自分が「決意=目標」に対してどの様なアプローチをしたのかが大切です。

そして、よかった点、悪かった点をしっかり振り返った上で、今年の決意をして下さい。

では、なぜ、冒頭で「決意を新たにする事は意味がない」と言ったのか?

決意をしても、その中身がなければ意味がないですし、行動が伴わなければ意味がないのです。

私は「決意=成し遂げたいこと=成し遂げるためには自分が変わる必要がある」と捉えます。それを前提にお話しします。

そもそも根本を変えないと人は変わりません。

例えば、わかりやすいところでいうと、みなさんが経験してきた「中学生」です。

小学校から中学生になると、友達、先生、先輩など、付き合う人が完全に変わりますよね。
投稿時間、下校時間も多少変わりますよね?

この時、思春期を迎え、人間は大きく変わります。

この様に、人生に対して大きな変化をもたらさなければ、人は簡単に変わらないのです。

自分を変えるための3つの方法

人間が変わるためには、次の3つしか方法が無いのです。

多くの人は、決意を新たにするという小さいところにフォーカスしがちですが実際にはもっと大きなところを変えなければ人は変わらないのです。

大枠を変えずに、決意という小手先だけでは何も変わらないということをお伝えしたいのです。

では、変わるためにはどうすればいいのでしょうか?

人間が変わるためには・・・
  • 住む場所を変える
  • 付き合う人間を変える
  • 時間の使い方を変える

住む場所を変える

住む場所を変える例として、例えば今まで通勤に1時間かかっていたが、住む場所を変えた事で、通勤時間が15分になったとします。

ということは、一日1.5時間も自由な時間が増える訳です。

暦通りに働くと、1年間で労働する日数は245日です。

245日×1.5時間=367.5時間です。

これって、だいぶ長いと思いませんか?

だって8時間労働で、1ヶ月働いたとして、160時間ですよ?

てことは、2ヶ月以上の時間を自分の好きなことに使える訳です。

2ヶ月あれば、大抵の仕事は片付きますよね?

これを自分を変えるための時間に充てたら、なんだか変われる気がしませんか?

まずは自分の行動を変えるために、その時間を確保するためにも住む場所を変えるというのは効果的な方法です。

付き合う人間を変える

類は友を呼ぶなんて言葉がありますが、人間は似た者同士くっつく性質があります。

つまり、周りの人間はあなたの鏡のようなものなんです。

あなたは、すごく近くに尊敬できるような人がたくさんいますか?

憧れるような存在の人が近くにいないのであれば、付き合う人を変えてみて下さい。

憧れの存在と自分のギャップに不快感を覚えることでしょう。

その不快感こそ、成長を促すのです。

そこで逃げては当然ダメです。憧れの存在とのギャップを徐々に埋めていくよう行動しましょう。

ギャップを埋める行動をしていくことで、あなたは絶対に憧れの存在に近付くことができます。

それ自体が成長ではないでしょうか?

時間の使い方を変える

これは、住む場所を変えることと通じているのですが、例えば、朝30分だけ早く起きて行動する習慣を作るなどしてみて下さい。

たった30分という風に思うかもしれませんが、1年で182時間にもなります。

先ほども言いましたが、8時間労働で、1ヶ月働いたとして、160時間ですよ?

てことは、年間通すと、たった30分の早起きで1ヶ月以上の仕事の成果をあげることができますよね?

このように時間の使い方をちょっと工夫するだけで、今までよりたくさんの時間を自分に投資することができるのです。

決意を新たにすることの真意

決意を新たにするのであれば、それに対してやるべきことがあるということなのです。

決して決意を新たにすることは、悪いことではないのですが、その決意=目標を成し遂げるために、しっかりと行動することが絶対に必要なのです。

行動するためには時間が必要ですよね?ということで時間を確保することから始めて、行動して、決意を形にするのです。

30分だけ時間を使って、あなたの決意へのアプローチ方法をしっかりと考えてみてください。

そうすることで、決意を形にすることが出来ます!

では、今回の内容を踏まえた上で、新たな決意をしてみてください。




[スポンサードリンク]



[スポンサードリンク]



決意を新たに

為になる話、考え方が変わるような話、モチベーションが上がる話など、あなたにとって役立つ情報を配信しています!

LINE@にて最新情報をお届けしています。
起業家や成功者の生の体験談など、巷では耳にしないような情報も配信していますので、
是非ご登録の上、楽しみに配信をお待ち下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代、元エンジニア。

副業を始め、約3ヶ月にして100万を稼ぐことに成功し、脱サラをするも、ノウハウやツールに頼っていた結果、収入は0に。

路頭に迷っていた時、とある人との出会いをきっかけに本質的な力の必要性に気付かされる。

その後、様々な起業家との出会いから目標達成の為の思考、行動とは何なのかという本質的な部分を理解する。

現在は、それらを体系的に纏めたAll-Inというメディアで編集長として執筆活動を行っている。