深刻と真剣の違い。深刻に考えず、真剣に考えよう

深刻と真剣の違い


[スポンサードリンク]

手が止まると、思考も止まる

前回、「無茶と無謀の違いとは?無謀ではなく無茶をしよう!」という記事で、無謀なことをしているなら、一度手を止めて考えましょう。と書きました。

きっと、手を止めて考えると、思考が止まり、そのまま次の行動ができないでいるのではないかと思います。

大体それは、深刻に悩んでいるからです。

この記事では、「深刻真剣の違い」を説明します。

しっかり理解することで、もし立ち止まっても、しっかり次に行ける人間になれるはずです。

深刻に悩むと事態が悪化する

俺は以前、プログラマーの仕事をしていました。

もちろん、最初から書けた訳はありません。

会社に入ってから、勉強してプログラムが書けるようになりました。

早くプログラミングが出来るようにならなければ・・・
本当に俺なんかに出来るのだろうか・・・

自分に自信がないし、プログラミングが出来ないからこんなことを考えてしまいます。

「クビになったらどうしよう。」などというネガティブシンキングでいっぱいでした。

「早く出来るようにならなきゃ」(焦り)

「俺なんかには出来ないかも・・・」(焦りからくる理想と現実のギャップ)

「クビになったらどうしよう・・・」(最悪の事態の想定)

悪い方に物事を考えているから悪い流れが出来るわけですね。

思考は現実化するという記事で以前書きましたが、思ったことってマジで現実化するんです。

過去の俺が体験したようにネガティブなことばっかり考えてると、本当に悪いことが起きるんです。

俺の場合は、こんなばかり考えていたから、当時は上司から
「出来ないやつ」「採用ミスった」とか思われていたみたいですw

真剣にやってれば周りの目なんて気にならないもんですよ。

真剣さは伝わるから周りも感じ取ってくれますしね!

 

深刻に考えず、真剣に考えよう

「出来るかどうか」と考えるのは「深刻」です。

「出来る」にはどうすればいいか。を考えるのが「真剣」です。

例えば、

「旅行行きたい」って話が友達同士で出るとします。

結局、友達と日程が合わない。仕事が忙しい。お金がない。

様々な理由で行かずじまいなんてことありますよね。

「行けるかどうか」って考えていると行けないんです。

まず「行く」と決めるのです。

決めた上で、「どうしたら行けるか?」と考えましょう。

そうすれば、行く前提で物事を考えますから!

行く前提で物事考えると、ワクワクしませんか?
深刻に考えてるとワクワクしないんですが、真剣だと楽しくなるんです!

ちなみに俺は、誘われて、行きたかったら悩む前にチケット取ります!

先日も、とある経営者に「XX月にバリに遊びに行こう!」って言われて、「行きまーす!」って即答して5分後にはチケット取ってました。

その後、仕事の調整とか、お金とか、細々したこと調整すればいいんです!

仕事も一緒です。

出来る前提で考えましょ!出来てる自分が想像できるとワクワクするはずです!
何事も、楽しくやらないとです!

もう一回言います!「出来るか出来ないか」と考えちゃダメです!

後、自分に自信がないってことは一旦置いておきましょ。

自信がないのは、出来てないんだから当たり前っちゃ当たり前かもしれませんが、根拠のない自信でいいから持ちましょ!

未来の「出来る自分」を演じ、未来の自分から「自信の前借り」をしましょう!

で今の自分はとりあえず棚にあげといて、ネガティブな足かせは外して、思いっきりやりましょう!

まとめ

深刻と真剣の違い

 

深刻=やらない選択肢もあり。後ろ向きで、ネガティブ。

真剣=やる前提。前向きな姿勢で、ポジティブ。ワクワク。

真剣になるためには

  • 「やる」と決めた上で考える!「やらない」「出来ないかも」という選択肢は考えない!
  • 根拠のない自信でもいいから、自信を持つ!ワクワクする!自信がないっていう言い訳はやめましょ!自信が持てないなら、自信の前借りを自分からしましょ!

真剣になることで

物事に対して、思考停止するってことが無くなります!前に進みます!

真剣にやることで何事も楽しくなります!

深刻に考えず、真剣に考えましょう!




[スポンサードリンク]



[スポンサードリンク]



深刻と真剣の違い

為になる話、考え方が変わるような話、モチベーションが上がる話など、あなたにとって役立つ情報を配信しています!

LINE@にて最新情報をお届けしています。
起業家や成功者の生の体験談など、巷では耳にしないような情報も配信していますので、
是非ご登録の上、楽しみに配信をお待ち下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代、元エンジニア。

副業を始め、約3ヶ月にして100万を稼ぐことに成功し、脱サラをするも、ノウハウやツールに頼っていた結果、収入は0に。

路頭に迷っていた時、とある人との出会いをきっかけに本質的な力の必要性に気付かされる。

その後、様々な起業家との出会いから目標達成の為の思考、行動とは何なのかという本質的な部分を理解する。

現在は、それらを体系的に纏めたAll-Inというメディアで編集長として執筆活動を行っている。